実運用① リアル口座で自動売買を開始する方法。

自動売買を使用して実運用する方法に関して解説します。

基本的にはデモ口座で行う操作と同じになります。

ただし事前にリアル口座を開設して準備などが必要になって来ますので以下を参考にして行なってください。

まず必要なもの

EAが稼働できる状態

まずMT4に使用する自動売買プログラムがインストールされていなければいけません。

もしインストールされていない場合にはこちらを参考にしてインストールを行なってください。

準備④ 購入したプログラムを使える様にインストールする方法です。

2019.01.27

リアル口座

実運用を行うにはリアル口座が必要です。

もしリアル口座を持っていなければ下記を参考にしてリアル口座の申請を行なってください。

準備⑤ リアル口座を用意する方法。

2019.01.26

EAをセットする方法

(1) チャートを開く

まず自動売買プログラム(通称EA)を稼働させたい通貨ペア・時間足のチャートを開きます。

例としてEURUSDの5分足で使用する場合で説明します。

「File(ファイル)」→「New Chart(新しくチャートを開く)」をクリックしてください。

通貨ペアが表示されますので、その中から使用する通過ペアを選択してください。

EURUSDを選択した場合にはこのようにEURUSDの1時間足のチャートが表示されます。

時間足は上部タブに時間足を選択する事ができますので、各自で使用したい通貨ペアにしてください。

  • M1(1分)
  • M5(5分)
  • M15(15分)
  • M30(30分)
  • H1(1時間)
  • H4(4時間)
  • D1(1日)
  • W1(週)
  • MN(月)

(2) EAをセットする

EAは「ナビゲーター」にある「Expert Advisor(アドバイザー)」にあります。

もしここに自動売買プログラムが無い場合にはこちらの記事を参考にしてインストールを行なってください。

準備④ 購入したプログラムを使える様にインストールする方法です。

2019.01.27

その中から使用したいEAをドラッグして使用したいチャートにドロップしてください。画像では「SAMPLE」というEAをEURUSDの5分足に入れます。

EAを入れたらポップアップの画面が表示されます。

「Common」というタブをクリックしてください。

「Live Trading」にある「Allow live trading」にチェックを入れて「OK」をクリックしてください。

(3) パラメーターを変更する

EAのパラメーターは「Inputs(インプット)」から変更することができます。

パラメーターに関して具体的はこちらを参考にして変更してください。

EAの説明① EAのパラメーターについて。

2019.01.26

自動売買を開始する方法

(1) Auto Tradingをオンにする

初めてEAをセットした段階では「Auto Trading」はオフになっているかと思います。

チャートの右上にあるEAのマークが「怒りマーク」の場合には、稼働しない状態です。

またMT4の上部タブにある「Auto  Trading」が停止マークが付いているかと思います。

EAを稼働を開始する場合には「Auto Trading」をクリックして稼働状態にしてください。

なお稼働中の状態でもすぐにトレードを開始するわけではありません。

EAに設定されている条件になった時に、トレードが開始しますのでお待ちください。

以上でリアル口座でEAを稼働させる設定は完了です。