準備② MT4をインストールする方法。MT4をダウンロード後に行う作業です。

MT4をダウンロードした後に、インストーラーを起動してインストールする方法に関しての解説になります。

MT4のダウンロードに関してはこちらの記事を参考にしてください。

準備① MT4をダウンロードする方法。自動売買を稼働させる為のソフトです。

2019.01.27

MT4をインストールする方法

(1) インストーラーを起動


既にダウンロードしている「xmtrading4setup.exe」というMT4のインストーラーをダブルクリックし、起動します。

もしインストーラーがない場合にはこちらを参考にダウンロードしてください。

準備① MT4をダウンロードする方法。自動売買を稼働させる為のソフトです。

2019.01.27

(2) インストールを実行

セキュリティー警告文が表示されます。

「RUN(実行)」をクリックしてください。インストールすることを許可されます。

(3) 規約に同意

規約が表示されます。規約を確認し、「Next(次へ)」をクリックしてください。

(4) インストールが実行

インストール中にはこのように表示されます。インストールには1分以内で完了する様なものです。

インストールが完了した際には、これらの表示は消えてMT4が自動で立ち上がりますので、それまでお待ちください。

インストールに関しては以上で完了です。

次のステップとしてMT4に自動売買のプログラムをインストールする方法に関してはこちらを参考にしてください。

準備② MT4をインストールする方法。MT4をダウンロード後に行う作業です。

2019.01.27

MT4にログイン

MT4をインストールしたままログインする方法については以下の手順で行えます。

(1) ログイン情報を確認する

ログインに必要な情報は①ログインID ②使用するサーバー名 ③パスワード の3点になります。

①ログインIDと②使用するサーバー名はメールで来ている情報を使用してください。

この場合には①ログインIDが「23290839」、②使用するサーバー名は「XMTrading-Demo 3」となっています。

③パスワードはXMに登録する際に入力したパスワードになります。

(2) サーバーを選択する

MT4をインストールした後にはこの状態でMT4が立ち上がっています。

MT4で使用するサーバーをどれを使用するかを選択する画面がポップアップで出て来ています。

使用するサーバーを選択して「Next(次へ)」をクリックして進んでください。

ユーザーにより異なるかと思いますが、使用するサーバーが一覧にない場合があります。

(3) サーバーが無い場合には追加する。

もし使用するサーバーが一覧に無い場合には、ポップアップをスクロールして一番したの欄まで移動して入力してください。

この一番下の欄ではサーバーを追加する事ができる場所です。

この場合には「XMTrading-Demo 3」がありませんので、入力して追加します。

入力すると追加されます。

追加されましたら「Next(次へ)」をクリックしてください。

(4) ログイン情報を入力する。

ログイン情報を入力する画面が表示されます。

ログインIDとパスワードを入力してから「Finish(完了)」をクリックしてください。

以上でログインの操作としては完了です。

ログインが正常に出来ていますと、MT4の左下の通信速度が表示されます。

「No Connection(未接続)」の場合には、接続されていません。